大人の趣味を見つけよう!【日本酒入門編】

日本酒っておっさんの飲み物でしょ。と思っているあなた。

そんなイメージはもう古い!

近年では日本酒は世界でも評価を受けており、むしろ少し知っているだけでおしゃれで大人な男性を演出できます。

今回は日本酒の世界を少し覗いてみましょう。

 

大人の趣味を見つけよう!【日本酒入門編】

そもそも日本酒ってなに?

日本酒とは、白米を蒸して麹(こうじ)と水を加えて発酵・熟成させて作る飲み物の事で、料理の調味料としても用いられます。
日本酒の醸造方法とその管理方法は、世界でも類を見ないほど複雑にして精巧です。水、米にこだわりをもたせて製造されています。

職人さんの技術とこだわり抜いた素材を掛け合わせたずばり飲める芸術品なのです!
それを嗜む男性はまさに大人。

 

日本酒の種類

日本酒には名前が書かれたラベルが貼ってあると思いますが、そのラベルの裏に『精米歩合』と書かれているのを見たことはありますか?
これは簡単に説明すると『玄米の表面(ぬか)をどれだけ削ったか』を表します。

お米は削って中心に近づけば近づくほど、香りが高くなるといわれています。
例えば「精米歩合60%」と書かれている日本酒は、玄米の状態から40%を削り、残った60%を日本酒に使用したということになります。種類も様々なので、自分に合ったものをひとつずつ試してみるのが良いでしょう。
分からなければ、恥ずかしがらずに日本酒のBARや酒屋で聞いてみてください。

 

『日本酒選び』は『女性選び』と同じ

興味はあるけどどれを選んでいいのかわからない。未知のモノにふれあうときはそういった感覚になりますよね。
全然気にする必要はありません!好きなものを探す旅にでてみてください。店によっては少しずつ飲み比べできるところもたくさんあります。
最近では酒蔵で初心者向けに試飲会など行っているところもあるので一度調べてみてください。
 

【ラベル】見た目で選ぶ

ラベルは女性でいうと外見、見た目です。デザインひとつとっても職人さんのこだわりや思いがあります。ラベルからは種類のほかに精米歩合やお米の品種なども判断できます。
 

【香りや味わい】中身、性格で選ぶ

日本酒は、香りと味わいから4つのタイプに分類されています。

  1. 大吟醸酒や吟醸酒系は香りのよい薫酒(くんしゅ)
  2. 長期熟成の古酒系は熟酒(じゅくしゅ)
  3. 一般酒や生酒系は軽やかな爽酒(そうしゅ)
  4. 純米酒はコク深い醇酒(じゅんしゅ)

こうした香りや味わいの違いから、お気に入りの一本を探してみてもいいかもしれません。
 

【料理との相性】協調性で選ぶ 

料理と一緒に日本酒を楽しみたい方は、相性の良さで選ぶことをおすすめします。自分の好きな食べ物に合うものを酒屋などで聞いてみるのがおすすめ!最近では甘いデザートやお菓子と日本酒を組み合わせることもあるので女性からの人気も高まっています!

 

まとめ

日本酒は伝統的なものであり、近寄り難いと思う方も当然いるとは思いますが、寄り添ってみるとそんなことはなく自分自身の楽しみ方を見つけられるものです。

趣味のひとつにもなりおしゃれで大人な男性を演出できることは間違いありません!気兼ねなく一度自分の好みを探してみるのが紳士への第一歩になるかもしれませんね。