紳士な振る舞いで好印象を!食事のマナー【中国料理編 序章】

2019年10月4日

こんにちは、ひなたです。

皆さんはテーブルがクルクル回る中華料理のお店に行ったことはありますか?

仕事上でクライアントや上司の方と行くこともあると思います。

また恋愛に関しても、もしかしたら相手方の家族に会う際に利用することもあるかもしれません。

ただ、最初の入りを間違えたらこの人はマナーを理解していないとすぐわかります。

中国料理は作法よりも上下関係を重視する特徴もあります。
私もマナーの勉強で18歳の時に初めて行きましたが、なかなか面白いのと奥深いんだなと感じました。
若かったこともあり食べるのに必死になっていたのを後悔してますが…(笑)

目上の方と食事に行っても恥をかかないためにも勉強していきましょう!

 

紳士な振る舞いで好印象を!中国料理での食事のマナー

食事のマナーの前に プチ知識

マナーに入る前に、中華料理と中国料理の違いってご存じでしょうか?知らいない方は頭の片隅にでも知識として入れておくと良いかもしれません。

  • 中華料理
  • 日本人に食べやすいようにアレンジされた料理のこと。例を挙げるなら天津飯、ラーメン、焼き餃子のことです。なので日本では餃子の王将が人気の理由も分かりますね!

  • 中国料理
  • 中国本場の料理のことです。例を挙げるなら北京ダック、フカヒレ、火鍋、水餃子のことです。

違いを押さえたところで、中国料理は地域ごとに味付けや使われている食材も違います。ここで代表的な四代料理を簡単に紹介していきます。
 

北京(ペキン)料理のマメ知識

塩、味噌、醤油などを多用した濃厚な味付けで、代表的なものでいうと北京ダック、ジャージャー麵、杏仁豆腐が有名ですね。
ルーツは中国王朝の宮廷料理で、貴族が食べてきた料理なので見た目がゴージャスです。
貴族だけしか食べれない料理なのかと思ってる方もいると思いますが違います!
皆さんに馴染みのある餃子も北京料理の一つです。中国では主に水餃子、日本は焼き餃子。
中国では饅頭(マントウ)と言われている蒸しパン、日本では中華まん(肉まん)と言われていますがこれも北京料理なのです。
 

広東(カントン)料理のマメ知識

素材の持ち味をいかしたあっさりした味付けで、食は広東と言われるほど一番バラエティー豊富で日本でなじみの深い料理も広東料理が多いです。
「広東人は飛ぶものは飛行機以外、泳ぐものは船や潜水艦以外、四つ足は机と椅子以外、二本足は人間以外なんでも食べる」と言われてるほど、色んな食材を使っていて、ゲテモノ料理が多いのも広東料理です。
代表的なものは、チャーシュー、酢豚、八宝菜、シュウマイ、マンゴープリンなど。高級食材でいうとふかひれスープ、つばめの巣のスープ、蛇のスープも有名ですね。
 

四川(シセン)料理のマメ知識

山椒、唐辛子、豆板醬などの香辛料を多用する味付けなのが四川料理。
代表的なものでエビチリ、麻婆豆腐、担担麺、回鍋肉、火鍋などです。
四川料理の中でも多いのは、花椒を使った麻辣(マーラー)味。しびれと辛みが特徴です。辛いもの好きにはたまらないです。
 

上海(シャンハイ)料理のマメ知識

海の幸が豊富でエビ、カニ、魚介類を使った料理が多く、味付けは黒酢や酒、砂糖などを使っていて甘辛い濃厚な味付けが特徴。
代表的なもので、小籠包、上海ガニ、豚の角煮などです。甘辛い味付けなので、ご飯によく合い日本人にも人気です!

 

まとめ

今回はマナーの前のマメ知識の共有でした。中国料理はどんどん深堀していくと面白いですよね。

これらのプチ知識を押さえたうえで、次回は本題の中国料理マナー前編へどうぞ!↓

link:紳士な振る舞いで好印象を!食事のマナー【中国料理 前編】

Author Profile

ひなた
ひなた
食べることやお酒を飲むこと、お笑い番組が大好き。最近、めかぶにハマり中。
好きなタイプは美味しそうにご飯を食べる人、面白い人、’ありがとう、ごめんね’が素直にちゃんと言える人!これ必須(笑)
趣味は映画鑑賞.音楽聴く.ゲーム。
現在、webデザイナーを目指して勉強中。