結婚式前に男性も準備が必要|押さえておくべき5つのポイント

2020年1月6日

この記事を読むのに必要な時間は4分です。

いざ結婚式。場所も決まったし、奥さんはバタバタしているけど自分は当日の話す言葉だけしっかり考えておけば・・・なんて考えているあなた。結婚式をなめていると痛い目にあいますよ。バタバタしているパートナーを支える素敵な男性でいてください。結婚式は奥さんだけのものでもなくお互いにとって大事なビッグイベントです。奥さんのほうが気合いが入っているかもしれませんが、そんな奥さんに幻滅されないように男性も準備する必要があります。今回は結婚式前に男性が準備しておくべき5つのことをご紹介します。

 

結婚式前に男性が押さえておくべき5つのポイント

新郎ゲストの名簿作成

親族、同僚、友人など招待する人物の
 

  • 名前(ふりがなも)
  • 住所(郵便番号も)
  • 肩書


をリストにまとめてもらいましょう。最初から肩書欄を作っておけば、招待状の宛名書きだけでなく席次作成にも役立ちます。

 

自分たちの思い出が詰まったムービー作り

業者に素材だけ渡して作成してもらえれば簡単ですが、大事な思い出を自分たちなりに演出したい場合はムービーをイチから作ることになります。奥さんは忙しいと思うので男性側が率先してやりましょう。

 

会場の雰囲気をイメージしながらBGMを選ぶ

式場によっては披露宴の最初から最後まで、すべての音楽を自分たちで手配することもあります。また、すべてを選曲しなかったとしても、「ケーキカットや入場、退場の音楽だけでも」と、新郎新婦の選曲センスを試されることも。
来訪される方々が知っている定番の曲だと一気に盛り上がりやすくなります。

 

余興する人を決める

人生で一度の大舞台で余興をするっていうのは非常に緊張するし、大変なことです。準備にも時間がかかりますので、もしもお願いするのであれば、できるだけ早めに教えてあげてください。会場内に余興者の友人が多いと周りも一緒に盛り上げてくれるケースが多々あるのでそのあたりも考慮して人選してみてはいかがでしょうか?

 

花婿だって主役 当日のための美容サロン

結婚式当日、花嫁はもちろん花婿も主役なのです。本人は気にしなくとも、奥さんは旦那さんにかっこ良くいて欲しいもの。女性の場合結婚式当日に向けてブライダルサロンに通いますが、男性も最近では流行っているようです。そんなところ行きづらいという方は男性専用のサロンも今はたくさんあります。身体のケアや顔など整えてもらい当日一生涯で一番かっこ良い自分をお披露目しましょう。

 

まとめ

これ以外にも結婚式の準備というものはたくさんやることはたくさんあります。奥さんだけに任せず、お互いに協力しながら進めることが大切です。準備がしっかりしていると当日素敵な式になることは間違いありません。末永くお幸せに!

Author Profile

SHI'N'SHI運営部
SHI'N'SHI運営部
女性発信型メディア、SHI'N'SHIの公式アカウント
日本に一人でも多くの紳士を増やすために、一般女性(ライター)が純度100%の本音を男性諸君にお届けします。